FC2ブログ

【墨の匠の展覧会、ふたつ】


素晴らしい墨の匠の展覧会を2つご紹介します。

樋口鳳香は出展していませんが、

いずれも水墨画の本流を知り得る貴重な展覧会です。



まず1つ。

現代水墨画協会の前理事長である、根岸嘉一朗先生の社中展である

『遊墨会展』

北とぴあ展示ホール(
王子駅)にて12/8(日)まで




次に

馬驍先生の『馬驍国際芸術大賞展』

国立新美術館(乃木坂)にて12/8(日)まで




馬驍先生の会場には『溌墨画』の解説があります。

『溌墨画』とは中国唐代8世紀に始まった技法で、

根岸先生の作品とも通じる水墨画の表現のひとつです。



中国水墨画は、モチーフの外形を単に写し取るだけでなく、

写実から入りながらも、対象の真髄をとらえることが最も大切とされています。

墨と水と紙の偶然性から生まれる、計算のできないにじみによって

幽玄な大自然の姿を想起させ、想像力を刺激し、

新たな創造へと導く形です。

ぜひ、この二つの展覧会で、水墨画の深い精神世界をお愉しみください。



根岸

馬驍



#根岸嘉一朗 #馬驍 #溌墨画 #水墨画 #樋口鳳香 #墨美神 #SUMIE #wabisabi #inkpainting


テーマ: art・芸術・美術 | ジャンル: 学問・文化・芸術

【墨美神:樋口鳳香について】 | Home | 【春画と日本人】
このページのトップへ